Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

シェアする

PDF編集をiPhoneでやる方法【Acrobat Readerの使い方】

シェアする

PDFが便利な所は基本的に文書等を変更できないところです。

有料版を使えばPDFの中身さえ編集可能ですが、無料版でもけっこう編集作業ができます。

文書共有して人に指示を出すための書き込みや、保存してあるPDFに文字入力や手書きできるので誰か他の人とデータ共有すれば同じ物を見ながら確認・作業ができます。

使い方次第でとても便利なPDFアプリ。

まずは簡単な使い方をマスターしましょう!

スポンサーリンク

PDFは基本文書改変ができない共有文書として便利!

イオスはPDFを使って、遠くにいる人に保存したWebページの画像を見せる使い方をよくします。

これ、何気に便利で!同じ物を見ながらあーでもないこーでもないと話ができるので、間違った選択を起こしにくいです。

特にお買物時には超便利!

WebページをPDF化したデータを見せて、間違いなくお買物してもらう事ができますよ!

「Adobe Acrobat Reader」アプリでPDF編集する

iPhoneの小さな画面で編集作業するのは、ちょっと骨が折れますがそれなりに編集作業ができます。

外出先で少しのコメントを返すくらいなら、いろいろ便利に使えますよ。

【「Adobe Acrobat Reader」でできる事(無料の範囲内)】

  • PDF への注釈付けとレビュー
    ノート注釈ツールと描画ツール
    PDF にコメント、テキストにハイライトやマークアップを追加
    文書やホワイトボードのスキャン
    • カメラで文書、ホワイトボード、フォーム、画像、メモなどを撮影し、PDF として保存。
    • 文書の複数のページをスキャンして 1 つの PDF に結合、ページを並べ替え
    • スキャンした PDF を簡単に保存/共有
    • 境界検出、透視補正、テキストシャープの機能でカメラ画像を補整
    フォームの入力と署名
    • フィールドにテキストを入力することで、PDF フォームにすばやく記入できる。
    • 指または Apple Pencil を使用して PDF 文書に電子サインできる。
    ファイルの保存と共有
    • 無料の「Adobe Document Cloud アカウント」にサインイン
    • 「Dropbox、iCloud Drive、Box、Microsoft OneDrive、Google Drive」などのストレージプロバイダーに接続可能。

外出先でPDFファイルに指示書きして素早く返信…といった使い方にも有効だし、保存してあるWebページにメモを書き込むのにも使えます。

⇒ iPhoneで今見ているWebページをPDFとして保存する方法

それでは実際に使い方を見てみましょう!

スポンサーリンク

「Adobe Acrobat Reader」でPDFファイルを編集しよう!

ちなみにiPhoneのPDF管理方法は特殊です。

まず一番最初に開いたアプリで全て管理することになっていて、途中で別のアプリで共有する場合、一度他の方法で経由することが必要になります。(アプリ同士での受け渡しができない)

この事から、普段PDF上でやり取りする事が多い人は「Dropbox」等のストレージサービスへ保管管理する方法に一元化する事をオススメします。

※「Adobe Acrobat Reader」と連携できるサービスならどのアプリでも開ける。ただしWebページをPDF化し保存するには「Safari」しか対応できないので使い分けが必要。

【Acrobat Readerの使い方】

  1. トップページに「Acrobat Reader」が管理しているPDFファイルが表示される
  2. 編集したいファイルをタップして開く
  3. ファイルが表示される=編集モードになる。

IMG_0359

【各ボタンの意味】

  1. ①ページ番号表示:PDFのページ数に応じて自動で付けられる、タップでそのページを開く
  2. ②ページ表示方法を選ぶ
    連続表示、単一ページ、リーダーモード、ナイトモード(白黒反転)
  3. ③編集(入力後、タップで編集が可能)
    ノート(注釈)を書き込む:タップした箇所に吹出しマークがスタンプされて、別でメモ帳のような画面が開き注釈を書き込める。見たいときはタップする。
    ハイライトを塗る:文字をなぞると自動で黄色く塗りつぶされる。(テキストにしか塗れない)、文字に削除線を引く:文字をなぞると自動で赤色で線が引かれる。
    文字にアンダーラインを引く:文字をなぞると自動で黄緑色に線が引かれる。
    テキストを追加する:タップした場所に青文字で入力文字が書き込まれる。
    自由描画:赤色でペン字が書ける。
    署名を作成:自由描画するように文字を書いた後で、透かしマークの様にPDFにサインを貼り付けする。一度作ったサインは端末内に保存される(1種類のみ保存可能)、他に画像やカメラ撮影した写真をサインとして貼り付けられる。
    ※全ての機能は一度「書き込み」した後で再編集・装飾変更ができる。
    装飾機能:消去(削除)、色変更、不透明度、範囲調整、文字サイズ変更(6~22pt)
  4. ④検索:PDF内のテキストを検索できる、結果はハイライトされて表示する
  5. ⑤共有
    ・ファイルを共有:「Adobe Acrobat Reader」→他のアプリへPDFデータを送る。
    ・リンクを共有:「Adobe Acrobat Reader」→他のアプリへPDFデータを開くための共有リンクを作成、保存する。
    ・次の方法で開く:iPhoneのアクティビティに表示される連携可能なアプリで開く
    印刷

この機能を使いきると、こんな感じでPDFを編集保存できちゃいます。

IMG_0363

いろいろ機能を使って、編集したら最後に画面左上の「完了」をタップして保存して下さい。

まずは一度使ってみて感触を確認するのが一番です。

無料でココまで使えるのはすごいです!

PDFを利用したやり取りや保存したWebページPDFへの書き込みにとても便利です。

買物リストとして画像付きで他の人にも渡したりできるので、けっこう重宝しますよ!

他にもiPhoneからPDFファイルなどを印刷する時に知っておきたい、各コンビニ印刷の使い方情報はコチラ!

⇒ iPhoneでPDFをコンビニ印刷する方法【二大勢力コピー機使用法マスター】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする