Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

シェアする

iphoneをicloudだけでバックアップし復元する方法

シェアする

iPhoneユーザーはあまりPCとの連携を
考えていない人が多いようで、PCすら
持っていないという人も珍しくありません。

で、こういうユーザーはもしもの時に
一番弱くて、後で痛い目に合いやすいので注意したいです。

もしものトラブルに備えてiPhoneを
バックアップしておきたい

そんな風に考えた時、是非知っておきたい
やり方と、実はバックアップ方法で
取り扱い方がかなり違いのある事も
知っておいた方がいいですよ!

今回は端末だけでバックアップと
復元をする方法について解説します。

スポンサーリンク

iCloudとiTunesを使い分けて安心してiPhoneライフを楽しむための予備知識

AppleIDをもっていてWebに繋がる事ができれば、どのサービスからでも保存したデータを扱えるのがiCloudの良い所ですよね。

もちろんWindows PCユーザーも利用できます。

⇒ Windows 用 iCloud をダウンロードする

いちいちケーブルで繋がなくても、ネットからデータをやり取りできるのは便利です。

iPhoneユーザーの多くは、新機種が出たら乗り換える人が多いです。

そんな時メンドウなのが大事なデータをどうやって移動させるか?

いつでも新しい機種に持ち込んで使えるようにするため、ぜひ使いたいサービスが「iCloud」です。

ちなみに「icloud」でバックアップを取れるのは主に次の項目です。

  • App データ
  • Apple Watch のバックアップ
  • 通話履歴
  • デバイスの設定
  • ヘルスケアデータ
  • HomeKit の構成
  • ホーム画面とAppの配置
  • iMessage、テキスト(SMS)、MMS メッセージ
    (バックアップ時に使っていた SIM カードが必要)
  • iPhone、iPad、iPod touch 上の写真とビデオ
  • Apple サービスからの購入履歴
    (音楽、映画、テレビ番組、App、ブックなど)
  • 着信音
  • Visual Voicemail のパスワード
    (バックアップ時に使っていた SIM カードが必要)

※こちらは2017年7月現在の状況

※iOSの更新やインストールするアプリで連携対応していれば随時対応・機能追加されます。

またiPhoneを復元する方法には他に「iTunes」を使った方法がありますが、あちらはPCを使ってバックアップをとってあれば、完全に元に戻す事ができるんです。

【iTunesのバックアップデータリスト】

  • 写真
  • 連絡先、よく使う連絡先
  • ヘルスケア
  • カレンダーアカウント、イベント、照会したカレンダー
  • Safari(ブックマーク、Cookie、履歴、オフラインデータ、現在開いているページ)
  • Web ページの自動入力
  • オフラインの Web App のキャッシュ/データベース
  • メモ
  • メールアカウント
  • Microsoft Exchange のアカウント設定
  • 通話履歴
  • iメッセージ
  • ボイスメールトークン
  • ボイスメモ
  • ネットワーク設定
  • キーチェーン
  • App Store で購入した App のデータ
  • App の設定、環境設定、書類などのデータ
  • App 内で購入したもの
  • Game Center アカウント
  • 壁紙
  • 位置情報の使用を許可したAppおよびWebサイトの位置情報サービスの環境設定
  • ホーム画面の配置
  • インストールされているプロファイル
  • マップのブックマーク、最近の検索、マップに表示されている現在位置
  • Nike + iPod の保存済みのワークアウトと設定
  • 登録されている Bluetooth デバイス
  • キーボードショートカットと保存されている変換候補
  • 証明書の信頼性の確認がとれない信頼済みのホスト
  • Web クリップ

かなりとっておけるデータ種に違いがあるので、完全に同じ環境を再現したい場合は定期的にiTunesでのバックアップをオススメします。

まずは「iCloud」機能を使えるようにする

使い始めの時はこの設定がされていないと思いますので、まずは機能をONしてみましょう!

「設定」

「Apple ID」

「iCloud」

メニューの真ん中くらいにある「iCloud Drive」のスイッチをON

IMG_0220

しばらくすると、画面下側にiCloudでバックアップを取るアプリやデータ候補が表示されるようになります。

iCloudDrive管理アプリをインストールしよう!

「iCloud」をスタートした後で特にやる事はありませんが、勝手にホーム画面にアプリがダウンロードされますので、1タップですぐに起動できます。

iPhoneのiCloudDriveアプリでできる事
  • データ共有:AirDrop、iメッセージ、LINE、メール、Googleドライブ、mail、Dropbox、etc…
  • データ保存:LINE Keep、Dropbox、etc…
  • 保存済みデータの削除

iCloudからデータを復元する

こちらではiPhoneのみを使ったバックアップデータの復元方法を解説します。

iPhoneのみで復元する

iPhoneのみでバックアップデータを復元するには、まず端末の初期化が必要になります。

端末の初期化手順

「設定」

「一般」

「リセット」

「①すべてのコンテンツと設定を消去」

IMG_0221

(設定してあれば「パスコード」と「機能制限パスコード」を入力)

メニューが出てきて「AppleID」を入力します。

②同じメニュー内に「消去」とボタンがあるのでソコをタップ

りんごマークが出てしばらく放置

さて、もう一息です。

今度は端末の初期化が待っています。

iCloudのみで復元する手順
  1. アクティベーション画面が表示されるので必要な情報を入力
    「こんにちは」→「言語…」→「キーボード」→完了したら「次へ」をタップ

    「Wi-Fi」設定→「位置情報サービス」設定
  2. 「iCloudバックアップから復元」のメニューをタップ
    「AppleID」を入力します。

    ・2ステップ確認を設定している場合
    あらかじめ登録された「信頼できるデバイス」を選んだ後、SMSで「確認コード」を送信。SMSが届くと自動認識でコード入力されます。

    ・2ファクタ認証を設定している場合
    初期化すると自動で「信頼できるデバイス」に「確認コード」が送信されます。もしこの「信頼できるデバイス」に初期化したiPhoneを登録しているとSMSが届かないので、「コードが届いていない場合」のメニューをタップします。

    「コードを受信されませんでしたか?」のメニューから「●●●へコードを送信」 をタップ後は自動入力されるので、SMSが届くのを待ちます。

    この「確認コード」の送信はSMS以外にも電話の自動音声ガイドで聞き取ることもできます。

  3. 「利用規約」画面で右下角にある「同意」ボタンをタップ
  4. バックアップを選択
    「このIPHONEの最新のバックアップ」か「その他のバックアップ」どちらかを選択してタップ

    iCloud・TouchID・パスコード・キーチェーンの設定が求められたら設定する。

  1. ホーム画面が表示される
    ロック画面の解除→AppleIDを入力
  2. 後は自動でデータの復元をやってくれます。

設定が終了すると後はほとんど放置時間です。

iTunesで復元する

⇒ (準備中)

初期化も復元も、一度やり始めたら途中で一時停止がききません。

やる前にまずはバッテリーをほぼ満タンか電源ケーブルと接続しておきましょう!

またデータのやり取りを頻繁だし、量も大きなものばかりなのでWi-Fiが使える環境で初期化・復元を行なってくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする